スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

粋な先輩

2012年07月20日 23:10

働いている時に、たまにふと思い出す先輩がいます。
“先輩”と言っても、子持ちのおじさん。
社交的な人で、いい加減に見えながらも、
仕事はきっちりとこなす、なんというかルパン的な男性でした。

私のイメージでは、
伊坂幸太郎著『チルドレン』の陣内です。
分かる人は分かったと思います。分かる人は。

チルドレン (講談社文庫)チルドレン (講談社文庫)
(2007/05/15)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る

みんなの人気者的な人は、
男女年齢問わず、日陰の私にとってはちょっと苦手な存在。
それでもたまにコンビになることがあって、
ちょこちょこと話す内に、
「いいスタンスで生きてる人だなぁ」と思うようになりました。
そんな先輩も、もう辞めてしまいましたが。

勿論、恋愛感情は全くありませんが、
働く上で「あの先輩だったらどうするかな?」と、
たまに思い出します。
そうすると少し自信を持って行動できるというか。

一番覚えているのは、
「ここでは自分以外信用しちゃダメだから」と、
言われたことです。
“人任せにしないで自分で確認した方がいい”という意味で。
いつもミスをするたび「あー本当だー」と思い出します。

まだほとんど仕事内容を覚えていない時に、
「今日は客が少ないから、交代で休憩しよっか」と言われ、
一人っきりにされてパニックになったりしたなぁ。
困り果てて呼びに行ったら、
先輩はぐっすり昼寝をしてたのもいい思い出です。

堅苦しいことは言わないけど、
やるべきことはきっちりやる・・そんな粋な先輩になりたいものです。
粋でいなせな先輩を目指して、来週も頑張ります。



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。